浜田市で新築のことならフジタ建設へ 江津市|住宅|新築|木の家|補助金|戸建て|リフォーム

 

社員日記

 

スタッフblog

スタッフblog
フォーム
 
震災について
2011-03-23

東日本震災から10日以上経ちました。

被災された方々にはこころからお見舞い申し上げます。

震災の復興に向けてゆっくりと、でも確実に進んでいるようにテレビからは見えます。

でも津波によって行方不明の方、原発による被害を負われている方、先行きの見えない部分も現実味を帯びてきています。

県外の受け入れ先へ避難されたほうが良いように思えますが、身内や知り合いの安否が判らないうちは、なかなか離れられないのが心情でしょう。

仮設住宅の建設が本格化しています。

相当な棟数が必要でしょう。そのためなのか先の復興のためなのか、建築資材、建材の出荷停止や遅れが多数発生しています。

東日本の工場で生産していた部品や製品が被害を受けたメーカーや部品工場などはどうしようもないでしょう。
さらに運搬も滞ってるようで、製品を発送できない状態のところもあるようです。

ユニットバス、キッチン、断熱材等々ほとんど全てに影響があり、工期の延長はやむなしの感があります。

合板が思うように入荷しないため、棟上を予定していた現場も中止するところもあります。

震災向けの資材確保のため、お代官様から出荷制限がされてる様子で・・・・・。


震災は国家の一大事に間違いありません。
が、一方だけに目を向けてると、後のほうで別の被災者が生まれてる、ということもよくある事です。
大工さんや中小工務店が潰れたり、自殺者が出たり、そんな不幸なことにならないように、政治家の方々は全体を見て早めの手当てが必要な時です。

品不足、便乗値上げ、必ずあることと覚悟はしますが、施主さんを泣かすまいと思えばやっぱり最終的には

「泣かなしょーないなぁ」

て事になるか。 

請けて負けるが請負業〜 てか。

 

 
ちょっと前ですが
2011-03-12
インフルエンザ治りました。ご報告まで。

ちょっと前ですが米子に子供の試合で連れて行った帰りに撮りました。

雪をかぶった大山が目の前に

「撮ってくれ〜い」

と現れたので、子供たちが撮りました。

その中から厳選の上、一枚。


ニトリに寄って、ランドセルを物色。

確かにいろんなものが安い。

「私、これがい〜」

で、パチリ。

晩飯 晩飯

「くるくるすし〜。」

で、例のかわいそうな宇宙人を捜し当てて、一枚。

朝4時半に家を出て、帰ったのが10時。

つ・か・れ・た・・・・・。
 
インフルエンザ
2011-03-10
火曜日に判明いたしました。
只今自宅にて軟禁されております。

のどのイガイガと咳がちょっとでるなぁ で行って診てもらったら

「ちょっと検査してみましょう。」

「当たりです。A型。」

と 速やかに別室へ。

熱が下がって2日間は出るなとの事。


日頃から「風邪をひくなんてのは、仕事に対する緊張感がないからやぁ 」とのたまってたのはどこの誰?

面目ない。確かにスランプの真っ只中。

気持ちに張りがないなと本人も自覚しているところです。

週末には何とか復帰できそうです。気分を新たにしてガンバロウ。
 
 
13年ぶりの再会
2011-03-02
28日の夕方でした。

「もしも〜し、さとうで〜す。ひさしぶり〜」

なななんと、大阪時代の元上司、佐藤さんです。

「おー、お久しぶりです

「じつは明日の夜なぁ、出雲にセミナーの講師に行くんやけど、来ぃへんか?」
「久しぶりに飲もうや」

とのこと。

ちょうど仕事の区切もよくなタイミング。

募る話をあれこれと思い浮かべて出雲へ。

今「(株)じょぶ」という建築会社の社長さんです。
13年前に独立されてからの苦労話やお互いの近況を時を忘れて語らい、飲みました。

佐藤さんとは歳が一回り違い。島根に帰ってからは自分の歳と同じ歳の佐藤さんはどんな動きをしてたか思い出して今の自分と比べたものでした。
ちょっと追いつけない所へ行かれたなぁ 見えなくなりそうやなぁ のこの時に会えた、話せた、もう一度自分の立ち位置を確認するチャンスをもらえたような本当に絶妙なタイミングでした。

ホームページやブログではいつも明るくパワフルなところを拝見してましたが、見えないところで常に苦労されてることやこれからのことを語っていただいたことでパワーを頂きました。感謝です。
自分に出来ることは即実践、このことを肝に銘じてまずは始める事から始めなければと気付かされました。

一歩進んだ自分で、今度はこちらから会いに行きます。よろしくです。





 
家の現在
2011-02-13
4年目になったうちの家。

歴史を刻んでる最中のいろんなところを

お風呂は床にコルクタイルを張ってます。足ざわりが軟らかくて暖かみが感じられいいんですが、一箇所穴が開いてます。誰かほじったな・・。

一階の床。
檜の無垢板を張ってます。これも足触りがよくて冬暖かい、夏ひんやりですぐれもんなんですが、傷は付きます。簡単に。
子供たちがコマを回します。最悪です。「火ぃ付くぞぉ」

和室の梁。
杉です。化粧で構造材を見せるときに使うDボルト(黒いやつ)という金物で緊結してあります。鉄の塊を埋め込んでボルトで引っ張ってるんですが、木がやせて割れてきました。強度には関係なさそうですが、金物が強すぎて木の動きに対して融通が利かなかったか?という感じ。

いろいろ試したことはこれからの家創りに役立てていきたいと思います。

有限会社フジタ建設
〒697-0011
島根県浜田市後野町723-24
TEL.0855-22-3644
FAX.0855-22-1655
-----------------------------
建築業

リフォーム

二級建築士、二級施工管理技士
----------------------------

<<有限会社フジタ建設>> 〒697-0011 島根県浜田市後野町723-24 TEL:0855-22-3644 FAX:0855-22-1655